Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATH-ANC3 購入

タグ: ATH-ANC3

今まではずっとiPod touchに付属してきたイヤホンを使っていたのだが、こいつは「音漏れさせずに十分な音量を得ること」が非常に難しい。
それでも何とかはめ方でカバーできないかとぐりぐり試行錯誤していたら、ある日イヤホンに血が付いていることに気付いた。
いやあ、なんか合わないな、痛いなとは思っていたんだけど……

そんなわけで、私では付属のイヤホンを使いこなすことは無理ということに思い至り、やむなく新しいのを買うことに。

とりあえず「音漏れしなくて」「新しくて」「面白そうなの」が欲しかったので、最近発売されたこれを購入。
私にとって初のカナル型、初のノイズキャンセラーである。

2日ほど使ってみた感じ、音質については特に問題ない。
まあ、そもそもiPod touch付属のイヤホンで聞いていて聞こえていない音に気付いても「まあいいや」とスルーする程度の感性なので、あまり当てにはならないが。
でも付属イヤホンよりは遥かに良い。これは間違いない。
ただ、無音状態でもサーというノイズを拾ってくるのが少し気になるかな。

意外だったのは、ノイズキャンセラーの効果が思いのほか高いこと。
てっきり「気持ち外の音が小さくなる程度」のものだと思っていたのだが、想像以上に静まり返る。
エアコンの動作音、PCのファンの音、電車や自動車の走行音などは、それと気付かないほど。
ただ、効果の強い音と弱い音はあるようで、電車の車内アナウンスなどは割と抜けてくる。
打鍵音などは面白く、普段は「スコスコ」なのが「カチャカチャ」になったりする。

なお、キャンセラーを入れると、サーというノイズは若干大きくなる。
iPod touchの場合はそれでも許容範囲なのだが、MacBook Proに繋いだ場合はそれに謎の重低音が加わって、かなり気持ちの悪いことになる。
接続する機器によっては使い物にならないかも知れない。

キャンセラーのON/OFFはコードの途中に付いているコントロールボックスで操作するの。
これの位置が微妙に悪い。
接続する機器から20cmのところにあるため、クリップを胸ポケットに留めてしまうと、iPod touchの操作が窮屈になる。
かといって、留めないなら留めないで邪魔。
延長ケーブルもあるが、しかし総延長は十分足りているわけで、うーむ。

とまあ、こんな感じで性能に関しては概ね満足。
密閉型なので外音を取り込む(音楽を外音に対するBGMにする)ことができないのが残念だが、これに関してはイヤホンをしっかりはめ込まず、引っかける程度にすればよいことに気付いたので問題なくなった。
そんな使い方でも、なおもって付属のイヤホンより良く聞こえるのが何とも。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://idlysphere.blog66.fc2.com/tb.php/75-9524550b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

タグ

Blog内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。