Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hudsonプラグイン使用感その2

タグ: Hudson

Warnings Plugin 3.2
http://wiki.hudson-ci.org/display/HUDSON/Warnings+Plugin

Static Analysis Utilitiesを使ったStatic Code Analysis Plug-insの1つ。
プロジェクトの「設定」で「コンパイラの警告の集計」にチェックを入れておくと、ビルドごとにコンソールログ等を解析し、警告(エラー含む)の集計を行う。
コンソールログだけの状態より警告の概観がずっと楽になる。

以下、使っていて気付いたあれこれ。


Subversion Plugin 1.11
http://wiki.hudson-ci.org/display/HUDSON/Subversion+Plugin

Subversionのリポジトリからファイルをチェックアウトしたり、ビルドに使用したリビジョンに「タグを設定」するプラグイン。
「タグを設定」したビルドは「ビルド履歴」で一望できる。
便利な機能だが、

  • 「タグを設定」時に平常時と異なる認証情報を使うことができるが、この認証が成功した試しがない
  • 「タグを設定」のコメントに日本語を含めると文字化けする

といった問題がある。


Promoted Builds Simple Plugin 1.11
http://wiki.hudson-ci.org/display/HUDSON/Promoted+Builds+Simple+Plugin

Promoted Builds Pluginの簡易版。

  • 成功ビルドを手動で「昇進」させる
    simple_promote.png
  • 昇進にはレベルがあり、レベルごとに任意のアイコンを表示できる(ただしこの設定は全プロジェクト共用)
    qa_build.png
  • 昇進させたものを後から降格できる
  • マルチ構成プロジェクトではマスタービルドだけでなくサブビルドも昇進できる
  • 昇進させたビルドは自動的に「保存」される(サブビルド含め)
  • プラグインを有効にしていなかった時期のビルドは昇進の対象外
  • Promoted Builds Pluginとは違い、失敗ビルドは昇進させられない
  • Promoted Builds Pluginと併用可能

昇進とか考えず、単に「成功ビルドを保存しつつアイコンを付けるプラグイン」と考えると良い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://idlysphere.blog66.fc2.com/tb.php/237-64e65c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

タグ

Blog内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。