Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C++のキャスト演算子私的使用頻度順位

タグ: C++
  1. static_cast

    言うまでもなく。

  2. reinterpret_cast

    アライメントを揃えた構造体のポインタとchar*を相互変換しながらバイト単位のバイナリ操作を行う時に使う。
    それ以外の用途で使うことはない。

  3. const_cast

    @synchronizedでひっついたvolatileを解除する等、苦し紛れに使うことが多い。
    Boost.Serializationなどはconstの付け外しを前提として設計されているので、このキャストを割と積極的に使うことになる。

  4. dynamic_cast

    そもそもRTTIを使わない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://idlysphere.blog66.fc2.com/tb.php/232-89427c18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

タグ

Blog内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。