Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Doxygen 1.5.9

タグ: Doxygen Objective-C C++

id 570960: C++ class defined in a .mm file was sometimes parsed as Objective-C code.

たとえば、拡張子が「.mm」のファイルに以下のコードを記述し、Doxygen 1.5.8でドキュメント化すると、

/// C++のクラス1
class Class1
{
public:
    /// コンストラクタ
    Class1();
};

/// C++のクラス2
class Class2
{
public:
    /// コンストラクタ
    Class2();
};

/// C++の派生クラス
class Class3 : public Class1
{
public:
    /// コンストラクタ
    Class3();
};

Class1の説明は正常に生成されるが、

158_Class1.png

Class2はコンストラクタの構文がObjective-Cっぽくなり、

158_Class2.png

Class3に至っては完全に無視される。

158_annotated.png

Doxygen 1.5.9ではこの問題は修正されており、Class2も

159_Class2.png

Class3も正しく出力される。

159_Class3.png
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://idlysphere.blog66.fc2.com/tb.php/196-77cd740a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

タグ

Blog内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。