Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Redmine Issue Importer Pluginsメモ

タグ: Redmine

RedmineのCSVファイルインポートプラグイン「redmine_importer」のどのフォークがどんな特徴を持っているかのメモ。
確認に使用したRedmineはtrunk@5505(1.1.2.devel)。


akiko-pusu/redmine_importer_org - GitHub

rchady/redmine_importer系列。
zh.ymlがエラーを吐くので取り除いたり、SJISが化けないようにしたり、親チケットのIDを指定してインポートできるようにしてしばらく使っていたが、インポートするファイルが大きいとCookieOverflowが発生するので、ファイルをセッションに格納しないバージョンがあるか探してみることにした。


leovitch/redmine_importer - GitHub

leovitch1.png leovitch2.png

rchady/redmine_importer系列。

特徴:

  • 「コラム毎の対象のフィールド」を自動的に選択してくれる(※redmine_importer_orgと同じ挙動)
  • 「一意な値」を活用することで、親チケットと子チケットを同時に登録できる
  • 少し読みづらいが、日本語化されている
  • エンコーディングにSJISを指定しても、SJISのファイルは文字化けする(※redmine_importer_orgと同じ挙動)

インポートしてみたCSV:

題名,トラッカー,担当者,開始日,期日,親チケット,対象バージョン
親機能,機能,admin,,,,leovitch
子機能1,機能,admin,2011/4/25,2011/4/27,親機能,leovitch
子機能2,機能,admin,2011/4/28,2011/4/29,親機能,leovitch

akiko-pusu/redmine_importer - GitHub

akiko-push1.png akiko-push2.png

juno/redmine_importer系列。

特徴:

  • 日本語化されている
  • SJISのファイルを文字化けせずに読み込める
  • 「対応させるフィールドの選択」はすべて手動で行わなければならない
  • 子チケットを一括登録する手段は用意されていない

インポートしてみたCSV:

題名,トラッカー,担当者,開始日,期日,対象バージョン
チケット1,機能,admin,2011/4/25,2011/4/27,akiko-pusu
チケット2,機能,admin,2011/4/28,2011/4/29,akiko-pusu

2つのプラグインでインポートしてみた後のチケット一覧:

imported_tickets.png

Redmineのアカウント情報でSubversionの認証を行う

タグ: Redmine

RedmineとSubversionのパスワードを一元管理する方法を探していたところ、こんなものが用意されていたことを今更ながら知った。

Repositories access control with apache, mod_dav_svn and mod_perl

Redmine.pmを特定の場所に置き、Apacheの設定を行うことで、Redmineの設定でSubversionの要求を認証・認可できるようになる。
公式の例はDebian/Ubuntu。CentOSなら「How To Install Redmine on Centos 5.2 Update」あたりが参考になる。

このモジュールの主な特徴は以下の通り。

  • URL中の「リポジトリ名」と思われる部分を「プロジェクト識別子」と判断してプロジェクトを識別する
  • Redmineのログイン名とパスワードで認証する
  • ユーザーがプロジェクトに対して「リポジトリの閲覧」権限を持っていればリポジトリの読み込みを許可する
  • ユーザーがプロジェクトに対して「コミットの閲覧」権限を持っていればリポジトリへの書き込みを許可する
  • 公開プロジェクトの読み込みは認証なしで許可する
  • AnonymousとNon memberの権限は無視される

注意しなければならない点は

  • リポジトリ名とプロジェクト識別子を一致させなければならない
    • プロジェクトを識別できないと認可が一切通らない
    • プロジェクト設定のリポジトリURLはなんの意味もなさない
  • 公開プロジェクトの読み込みには認証を掛けられない
    • Anonymousに「リポジトリの閲覧」権限がなかろうが関係ない

といったあたり。

Appendix

タグ

Blog内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。